フロントラインマーケティング | 特典王銅鑼(どら)による辛口レビューブログ

フロントラインマーケティングクラブ(FrontlineMarketingClub)のレビューや特典をお探しのアナタ

※2/19FMC募集再開です!!
※7/25FMC募集再開です!!
button_002
button_001

2015年、業界最高のコミュニティはこれで決まりですね。
フロントラインマーケティングクラブ
capture1

NBGC第1期、第2期に続き、
今回もフロントラインマーケティング(FMC)で小玉歩さんのもと学ぶことを決めました。
これで1年半連続になります。

この業界トップクラスの実力者でありかつ実践者である小玉歩さんから、
来年も多くを吸収していこうと思います。
さらに、NBGCの環境に身を置いてみてわかったのですが、
小玉さんのクラブ生を引き上げる意識がハンパないです。
そのスタンスは次のFMCでも変わらないようなので、
これはもうしっかり食らいついていくしか無いでしょ。
capture2

※2/19FMC募集再開です!!
※7/25FMC募集再開です!!

button_002
button_001

いっぽう、FMCの環境で初心者さんがロケットスタートを切るには、
コチラが最良のテキストとなることは間違いありません。
実質1万円引きで手に入ります。
  ↓
「インターネットビジネス成功のゴールデンルール」のレビューと特典はコチラ

「フロントラインマーケティング2014」10月号のレビューと特典の話

今月も募集が始まりました。
フロントラインマーケティング2014



今月の精鋭10名

池永美幸
立石憲司
有馬英昭
川原雅代
落合勇太
青木尚士
三浦紘樹
小林昌裕
阿部ハル
三浦孝偉

販売ページの構成が少し変わりましたね。
トップに今月の目玉が3つ掲載されています。
capture2

池永美幸さんのフリマアプリ転売
立石憲司さんのフラッシュマーケティング
落合勇太さんのメダカビジネス

相変わらずフロントラインだな~

詳細は姉妹ブログにて
  ↓
「フロントラインマーケティング2014」10月号のレビューと特典

フロントラインマーケティング2014年9月号の一言レビュー

やはり9月号も募集開始されました。

小玉歩のフロントラインマーケティング2014。

今月もNBGC10名の精鋭による月1回の報告会が格安で提供されます。

そして先月に引き続き、今月もまた
特典禁止のNBGC生独占販売です。

つまりNBGC生しか紹介が出来ず、
しかも特典をつけて紹介してはいけない、という縛り。

誰の紹介から参加しても平等と言うわけです。
そもそも、価格に対してコンテンツの価値がかなり高く、
それだけでお腹いっぱいになること間違いなしなので、
もうアフィリエイターからの特典なんか要らないでしょ、っていうことのようです。

10個のコンテンツのそれぞれに私なりのキャッチコピーを加えてみました。

→『フロントラインマーケティング2014年9月号の一言レビュー』の詳細ページへ

家電せどりforOnlineの特典というか安売りレビュー

その再現性の高さゆえ、
過去にあっという間に販売終了した
幻の電脳せどりノウハウ「家電せどりforOnline」が再販中。

豪華特典を用意しています。
一世を風靡した「資産フォルダ」ならぬdrunk流「資産○○○○」とは!?
  ↓
家電せどりforOnlineの特典(超実践型)とレビュー

そして、家電せどりforOnlineを教科書とするならば、
参考書もしくは教科書ガイド的位置づけとなるのがコチラ(破格です)
  ↓
フロントラインマーケティング「後田圭一の中古家電せどり」編

これはもう「家電せどりforOnline」の安売り版と言っても良いかもしれない。

フロントラインマーケティング2013の特典とフロントラインマーケティング2014のインサイダーレビュー

フロントラインマーケティング2013の3日間限定の再販がアツイです。

が、2014年5月にもなった今、なぜ2013の再販?
フロントラインマーケティング2014は発売されないのか?


いやいやいや、
フロントラインマーケティング2014
ありますよ。


インサイダー情報入手しました。

  ↓

インサイダー情報の詳細はコチラ

なんせ私、小玉さんのネットビジネスゴールデンクラブに所属してますからw
山のようなインサイダー情報が舞い込んできます。

ただですね。
フロントラインマーケティング2014
発売はしばらく先のようです。

  ↓

インサイダー情報の詳細はコチラ

2014年版の発売がしばらく先だからこそ、
今この時期にフロントラインマーケティング2013を再販しても成り立つわけであって。

しかもフロントラインマーケティング2013は、
しばらくこれを超えるものは出ないだろうと言われ続けている伝説の教材。

私は昨年の初回販売時に買いました。
capture3-289x300
(懐かしい教材がチラホラ見えますね)

しかし2014年になった今も全く色褪せることのないコンテンツです。

完全保存版としてお手元に置いておくことを強くお勧めします。

姉妹ブログでは、小玉さんに近い位置にいる私ならではの
超豪華特典をご用意しています。

  ↓

フロントラインマーケティング2013特典【必見!小玉歩さんから直々に頂きました】

特典王銅鑼(どら)による辛口レビューブログ TOP » フロントラインマーケティング